yomelog

yomelog

お金は嘘をつかない(キリッ

【経験談】子宮内膜ポリープを子宮鏡手術で切除してきました

f:id:comachi00:20170826122758p:plain

病院の検査で子宮内膜にポリープが見つかりました。
そのため、2017年の8月の小雨降る肌寒い日、日帰りで切除手術を受けてきました。

ポピュラーな手術ではありますが、手術には不安がつきものですよね。
実際に手術を経験した私が、子宮鏡手術について、時系列での出来事や注意点をまとめてみました。
これから手術を迎える方の、不安が少しでも取り除けられたら嬉しいです。

子宮内膜ポリープとは?

f:id:comachi00:20170826125253p:plain



子宮の中にポリープ(=できもの、イボ)ができることです。

手術を受けたクリニックではないですが、参考になるページがありましたのでリンクを貼っておきます。
診療内容 | ふみのレディースクリニック


私の場合、子宮内膜ポリープがたくさん、子宮頸管ポリープが一つ見つかりました。

つまり子宮がボッコボコだったんです^^;


私が子宮内の異常を疑った兆候は、酷い生理痛とあまりの出血量の多さです。

生理中は鎮痛剤が手放せないほど毎月痛みがありました。
それに加え、多い日は夜用ナプキンを2,3枚駆使しても溢れてしまうほどの出血量でした。

生理中の身体の負担はもちろんのこと、メンタルの不調や経血のモレを心配してしまうなど、精神への負担も相当なものでした。

上記の兆候が耐え難いものだったことに加え、近い将来子供が欲しいと思っていますし、検査でポリープが見つかった時は、迷わず手術を決断しました。


手術当日までの注意点

f:id:comachi00:20170826122355p:plain


術前に病院から受けた注意点は以下の通りです。

手術前日

  • 通常の過ごし方でOK
  • 22時以降絶食

手術当日(手術前)

  • 朝食は食べられない
  • 朝6時まで飲料水・スポーツドリンクOK(炭酸水・果肉入りドリンクはNG)
  • ナチュラルメイク程度はOK
  • ネイルNG
  • コンタクトNG
  • 爪は切っておく
  • 不要なアクセサリーはしてこない
  • まつ毛エクステはつけてても良いけど、目の保護テープをつけるのでとれちゃうかも
  • 原則家族付き添い(無理な場合は12時までにお迎え)
  • 手術室に入る前にトイレを済ませておく
  • 全身麻酔

手術当日(手術後)

  • 手術直後はベッド上安静⇒旦那付き添いの場合、一時外出をお願いしている
  • 状態をみながら行動していく
  • 手術後、状態がよければ水分・軽食をとる
  • 激しい運動NG
  • 車の運転NG
  • 食事の制限なし
  • 入浴・シャワーNG

手術翌日

  • 通常の生活は遅れるが、仕事はNG
  • 食事の制限なし
  • シャワーOK
  • 入浴NG
  • プールNG
  • 激しい運動NG

命を守る大切なポイント

食事は前日22時から、飲み物は当日朝6時からNGです。
上記を守らないと、手術中に嘔吐して器官に詰まり、命を落とすリスクもあります。
注意点は必ず守るようにしましょう。


手術当日の流れを時系列で説明!

手術当日の流れは以下の通りです。

私は都内在住、喘息持ち、手術・全身麻酔は今回が初めてです。

手術は、東京の杉山産婦人科丸の内で行いました。
こちらの病院は、設備がかなり充実していて快適に過ごすことができました。

主人が終日付き添ってくれました。ありがたいです。

6:00 起床

起床、病院へ向かう。

7:20 病院到着

7:50の集合時間に余裕をもって到着。
集合時間になったら、受付、手術の同意書にサイン。

8:00 内診

内診(超音波検査)。
ラミナリア(子宮口を拡張するタンポン)を入れる。
痛みどめの座薬を入れる。

ラミナリアを入れると、生理痛のような鈍痛がしてきました。

8:20 病室に入る

病室(個室)に通される。
個室は、ベット・テレビ・洗面台完備の6畳ほどのお部屋でした。
着替えたり、ベッドに寝転がったり、主人と話したり、テレビを見てゆっくりしました。

9:00 手術前の呼び出し

着替えの確認と、トイレに行くよう指示がありました。

9:30 手術室へ

f:id:comachi00:20170826122847p:plain


手術室へ誘導され、いよいよ手術開始です。

手術着の下に間違ってシャツを着てしまったので、手術台で脱ぎました。

点滴開始。
麻酔は静脈注射だったようでした。
冷たい液体が注入された瞬間のどが熱くなって、喘息大丈夫かなぁーって思って、そこから意識を失いました。

入眠障害があるので、全身麻酔が効くか心配だったのですが、全く問題ありませんでした。

10:30 目覚める

病室のベッドで目覚めました。
ベッドの角度は60度くらいで、座っている状態でした。

だるくて、眠くて、生理痛のような痛みがあって、悪寒がすごい。

目覚めてすぐ、歩行の練習。
無理!と思いましたが、意外と歩けました。

ベットを倒してとお願いしたのですが、熟睡してしまうのでNGと言われてしまいました 泣

寒いので電気毛布を掛けてもらいました。

落ち着くと、すごい空腹感に襲われました。
テーブルにペットボトルのお水と、チョコパウンドケーキ2切れが置いてあり、ケーキをペロリと平らげました。
ペットボトルにストローが差してあったのがありがたかったです。
おかげでスムーズに水分を補給することができました。

10:45 問診

麻酔師さんの問診がありました。
「食欲あるようだし、元気そうだから大丈夫だね」という結果でした 笑

11:00 内診

内診(超音波検査)。
疲れてしまって、この内診は辛かったです。

11:10 休憩

ベッドに戻って休憩。

11:40 お迎え

旦那戻る。

12:00 退院

病室を出て、お会計、帰宅。
三日分の抗生物質・痛みどめ・胃薬が処方されました。

帰宅後は温かいうどんを買ってきて食べました。
f:id:comachi00:20170826123725p:plain



その後はだるくて3時間昼寝。
そこからは軽く家事をしながら、翌日まで家の中でのんびり過ごしました。

かかった費用は?

f:id:comachi00:20170826122558p:plain


ざっくりですが、
ポリープが見つかるまでのいろいろな検査 40000円
術前検査 4000円
手術代 35460円
個室代 32400
弾性ストッキング代 4320円
投薬代 2000円

合計 118340円

でした。
個室代以外は、どこの病院でも大差ないのではないかと。
今回お世話になった杉山産婦人科丸の内は、個室代がかかったので、少しお高めな金額となりました。


治療代を安くするコツ




治療代を安くするコツとしては、検査~手術までを一月で済ませ、限度額認定証を使って負担額を減らす方法があります。

実際には、検査の結果待ちや、手術の予約の都合で難しいというのが現状なのですが。。

別ブログで詳しく書いていますので、興味のある方は読んでみてください。
simple00.hatenablog.com

今回は月跨ぎの支払いが多く、結局使わず仕舞いでした。


手術を終えてみて

f:id:comachi00:20170826122639p:plain


何もかもが初めての経験でしたが、そつなく終わったな、という印象です。

今回お世話になった杉山産婦人科丸の内は、設備が豪華で対応がスムーズな分、かかった費用も高くなりました。
あまりこだわりはないので、次回はもっと安いところでも良いかもしれません。

というのも、ポリープは再発する可能性があるんですよね。
次回手術するときは、少しグレードを下げたお安い病院で良いかな、と思ってます(笑)

設備に妥協したくない、という方には、とてもオススメな病院です。



他院で手術する場合は、以下のものを持っていくと良いでしょう。

  • お水
  • ストロー
  • 目が覚めた時に食べる軽食

余談ですが、ムダ毛処理を怠ってしまったことは、反省しています(´・ω・`)
何はともあれ無事に終わって安心しております(´ω`)


こんな記事も書いてます。
simple01.hatenablog.com
simple01.hatenablog.com
simple01.hatenablog.com

広告を非表示にする