yomelog

yomelog

お金は嘘をつかない(キリッ

メルカリで10万稼いでみてわかったメルカリ三種の神器《ゆうゆうメルカリ便の郵便局での送り方も徹底解説!》

f:id:comachi00:20170906132255p:plain

ゆうゆうメルカリ便、みなさん使ってますか?
私はどんどん使っています。

しかし、メルカリに慣れた私も発送の度に毎回思ってしまうのです。


「窓口に持って行ったとき、サイズオーバーで断られないだろうか?」と・・・


毎回ドキドキしてしまいます(´・ω・`)

そんな不安を払拭すべく、今回は郵便局でA4サイズの微妙な厚さの荷物を送れるか検証してみました。

そのレポートを元に、初心者でもできる自宅でのチェック手順と、あったら便利なツールをまとめました。

ゆうゆうメルカリ便についておさらい

まずは、前回までのおさらいとして、ゆうゆうメルカリ便の仕様をおさらいしていきましょう。
今回ピックアップするのはゆうパケットです。
詳細な仕様は、以下の記事を読んでみてください。
simple01.hatenablog.com


ゆうパケットを送る際の大事なチェックポイントとしては3つ。

  1. 縦と横はA4サイズに収まらなけばいけない
  2. 重さは1㎏以下でなければいけない
  3. 厚さは3cm以内でなければいけない

これらをクリアすることが大切なポイントです。
文字にするのは簡単ですが、この記事ではもっと具体的に解説していきたいと思います。


今回送る荷物は?

今回は、メルカリで洋服が売れたので、A4サイズの封筒に入れて送ります。
f:id:comachi00:20170906123951p:plain



A4サイズとは、ティッシュボックスと比較すると、これくれいの大きさ。
f:id:comachi00:20170906123522p:plain



しかし洋服を入れた今回の荷物、厚さが3cmに収まるか微妙なサイズです。
f:id:comachi00:20170906123724p:plain



手で上から圧を掛けると確実に3センチには収まるのですが。
f:id:comachi00:20170906123753p:plain



重さは軽いので余裕です。

この時点で先程のチェックポイントに照らし合わせてみると。

  1. 縦と横はA4サイズに収まらなけばいけない →クリア
  2. 重さは1㎏以下でなければいけない →クリア
  3. 厚さは3cm以内でなければいけない →微妙


厚さはセーフなの?アウトなの?

ドギマギしながら、郵便局へ向かいますよ!


実際に送ってみた!

実際に郵便局に行って、こなす手順としては以下です。

QRコードをゆうプリタッチでかざして、伝票を発行する。

ゆうプリタッチとは伝票を発行する機械です。
ゆうプリタッチは、ゆうゆう窓口付近にひっそりと設置してあります。
(本当にひっそり過ぎて、スルーしてしまいそうになります。)
f:id:comachi00:20170906124130p:plain



伝票は無理やり引っ張ると機械が壊れますので、左上からゆっくりと剥がしてくださいね。
f:id:comachi00:20170906125444p:plain



以降の手順は以下の通りです。

②窓口に荷物と①で発行した伝票を持っていく

2点を添えて持っていけばOKです。

③荷物の内容について確認される

メルカリの出品画面で設定したカテゴリが、ラベルの商品内容のところに印字されます。
相違ないですか?という確認をされます。

今回は、「洋服で宜しいですか?」ときかれました。

④荷物のサイズチェック

ここがキモなので、詳しく後述します。

⑤(④がクリアできたら)レシートにサインする

細長い店舗保管用のレシートに直筆でサインを求められます。

サインの要求は、あったりするし、なかったりもします。
私もよく切り分けがわかりません。汗

⑥レシートを受け取る

⑤とは違う顧客用のレシートをくれます。


以上で完了です。

では窓口でのチェック内容を詳しく解説していきます。


窓口でのチェック項目とは?対策を具体的に解説!

f:id:comachi00:20170906133810p:plain
伝票と荷物を持って窓口に行き、窓口で受ける荷物チェック。
ここを理解することで自宅ですべき具体的なチェック方法が見えてきます。
しつこいようですがチェック項目は3つあります。

1.縦と横はA4サイズに収まっているかチェック

これは今回は目視でパスしたようなので、チェック方法は確認できませんでした。
ただおそらくメジャーか台紙のようなもので確認するのでしょう。

ここで使う神器①が、A4封筒です。

以下記事で書きましたが、自宅では常時A4封筒を用意し、実際に入るかチェックしておくのが良いでしょう。
メジャーで計って判断するより、実際に収まるか確認した方が間違いがなく確実です。

【参考記事】【メルカリ】A4サイズの商品を安く送る方法まとめ《一覧作ってみた》 - yomelog


2.重さは1㎏以下かチェック

これは、スケールで計っていました。

神器②は、スケール。

自宅でスケールでチェックしてから持っていくのが良いでしょう。


3.厚さは3cm以内でなければいけない

窓口の局員さんは、測定定規の穴に通るか確認します。

測定定規とは、以下のものです。これが神器③。



厚さのチェックは定規で計るのではなく、測定定規の穴に通るかで確認するのです。

つまり、
圧を加えれば3cm以内に収まるようなある程度柔らかい荷物は、クリアできる可能性が高い!
ということです。

柔らかい荷物だと、大抵の局員さんは少し圧を加えて穴を通してくれるようですが、全く圧を加えないすごく厳しい局員さんもいるみたいです。

局員の裁量に任せたチェック方法となっているんですね~。

ちなみ、今回の私の荷物は、無事三センチの測定定規の穴をくぐりぬけることができ、発送できました。

厚さでひっかかる例が一番多いと思いますので、測定定規があるととっても便利ですよ~


まとめ:メルカリ三種の神器はこれだ!

f:id:comachi00:20170906141327p:plain

メルカリで出品を初めて半年になりますが、私が辿り着いた神器は以下の3つでした。
①A4封筒
②スケール
③測定定規

ちなみに洋服をゆうパケットで送る場合、薄手のニットやボトムは入りますが、厚手コートやジャケットは入りません。

それ以外は、宅急便コンパクトで送っています。
【参考記事一覧】節約・マネー‐メルカリ カテゴリーの記事一覧 - yomelog



ご参考になりましたら幸いです。


simple01.hatenablog.com
simple01.hatenablog.com
simple01.hatenablog.com

広告を非表示にする