yomelog

yomelog

お金は嘘をつかない(キリッ

auからUQモバイルに乗り越えて年5万節約できた!iPhoneをお得に使う方法《その1 格安SIM検討編》

f:id:comachi00:20170918142126p:plain


通信費が高いと悩んでいませんか?

 

遠方に住む私の姑は、auiPhone6を使っています。

50代後半ですが、LINEを使いこなしているし、趣味はツムツム。スマホライフをかなり楽しんでいます。

そんな姑ですが、ある時請求明細を見せてもらったところ、月7500円もauに支払っていました。

格安SIMに乗り換えて通信費を節約し、月の固定費を削減できないだろうか? 

でも遠方だし別居だし、うまくフォローできるだろうか…


そんなこんなで不安もあったのですが、9月はauの二年縛りが解ける更新月だったこともあって、この月に思い切って乗り換えしちゃいました。

周到な準備をしたこともあって、無事乗り換えを完了することができましたよ。

今回の記事は第一弾として、私たちの検討経緯をまとめていきます。

親(姑)のステータス

f:id:comachi00:20170918142613p:plain

我が姑について、情報をまとめてみます。

  • auで買ったiPhone6を使っていて、まだ使えそう
  • 通話はあまりしない(LINEを使っているので)
  • 自宅にWi-Fi環境なし
  • 月のデータ使用量は7GB(ほぼツムツムで使用)
  • 手続きは店頭でしたい
  • auのメールアドレスをいろいろなところで使っている


ツムツムのデータ使用量がぶっ飛んでいる件。笑


キャリアはどこにしよう?選定のポイント

最大のポイント:iPhone6SIMロックができない

f:id:comachi00:20170918154358p:plain


姑が使うiPhone6

実はこの端末、SIMロックを解除することができません。(iPhoneは6SからSIMロック解除ができるようになっています)

この機種は使い続けたいので、格安SIMau回線があるところ、という点が最大のポイントとなりました。


ちなみにSIMロックというのは、例えばauで買った端末の場合、auでしか使えないように機能制限がされています。その呪文をSIMロックというのです。
格安SIMは乗換先によって、SIMロック解除が必要なものと、そうでないものがあります。


あとは、生活に支障がない程度の速度が出ればOK。

自宅にWi-Fiは引かない。

Web&郵送での手続きは不安なので、店頭で手続きしたい。


やりたいことを優先順に整理する

f:id:comachi00:20170918154500p:plain


ポイントを優先順に整理すると下記になります。

  • au回線がある
  • 月額料金が安いこと
  • 7GB使っても追加料金がかからないこと(ツムツムをやめる気はない 笑)
  • Wi-Fiを使わなくても困らない程度の速度が出ること
  • 店頭で手続きができること(田舎在住)

 

格安SIM 3社を選定しプラン比較

f:id:comachi00:20170918155057p:plain


以上のポイントを踏まえ、au回線があってデータ容量が7GBくらいの格安SIMを3つに絞りました。

  1. UQmobile
  2. mineo
  3. IIjmio


UQmobileは大大的にCMを流しているので、姑も知っていました。
使っている友人もいるのだそうです。

他の2社は聞いたことのない様子だったので、懸念を示していました。

ネームバリューという点では、UQmobileが一歩リードです。


比較検討するプランはこちら

端末の新規購入はしないので、音声付きSIMデータプランです。

格安SIM プラン名 月間データ容量 通信速度(受信最大) 月額料金
UQmobile データ無制限プラン 上限ナシ 500Kbps 2680円
mineo Aプランデュアルタイプ 10GB 225Mbps 3130円
IIjmio タイプAファミリーシェアプラン 10GB 200Kbps 3260円


ネームバリューに続いて、月額料金の安さでも、UQmobileが更に一歩リードです。

次に、少し細かい点を見ていき、3社を振り落していきます。

確認する点は以下の2点。

  1. SIMロックしなくてもiPhone6を使えるか
  2. 契約は店頭ですることができるか

SIMロックしなくてもiPhone6を使えるか

ここで一社脱落が。

IIIJmioは、iPhone6に対応していないことが分かりました。
auの4G LTEを利用した「タイプA」を紹介します。|MiKi’s Happy mio Life|IIJmio

auで販売されたiPhoneですが、iPhone6s以降の端末に限定されます。さらにiPhoneSIMロック解除が必須です。

 
つまり、

  • iPhone6s以降の端末しか対応していない
  • どこからの乗り換えでも、SIMロックが必要

ということです。
姑のiPhone6は使えないことがわかりました。

au回線なのにSIMロックが必要なんて・・・罠なの?何なの?^^;


残りはUQmobileとmineoの2社の争いに。


②契約は店頭ですることができるか

UQmobileは即時契約できる販売店を約3000店弱に伸ばしているようです。
販売店舗一覧|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

一方のマイネオは、ビックカメラヤマダ電機といった大手家電量販店が販売店に連ねています。
mineoの店舗 | mineo(マイネオ)


しかし、UQmobileと比較すると店舗数はやや劣ります。





選定の結果

我が家はUQmobileを選定するに至りました~
f:id:comachi00:20170918152016p:plain


まとめ

姑の場合、三社を比較検討した結果、UQモバイルを選定するに至りました。

しかしながら、各家庭いろいろな状況があるかと思います。
しっかりと現状の整理をし、優先順位を決めることで、きっと自分に合う通信会社、プランを選ぶことができると思います。(^^)

今思い返せば、サポート体制をもっと比較しておけばよかったかな~と思います。
UQモバイル販売店は多いけど、サポートは電話のみのようです。
何かあったらどうしよう 汗

次回は、お得な乗り換えタイミングと全体の流れについて、まとめていきます。

ご参考になれば幸いです。


この後のお話

その②お得な乗り換えタイミングと全体の流れ編
simple01.hatenablog.com

その③当日の行動編
simple01.hatenablog.com

 

simple01.hatenablog.com
simple01.hatenablog.com
simple01.hatenablog.com

広告を非表示にする